読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコ旅〜旅日記や御朱印集め〜

御朱印集めや旅日記などを書いていきます!!

有田の旅④~陶山神社編②~

佐賀の神社&御朱印 有田(佐賀)の旅

 こんばんは。旅の記録をまとめているニコと申します。

日々オリンピックの応援で睡眠不足気味です(*´ω`)笑

でもどの選手もみんな頑張っていますね!緊張やアウェーのプレッシャーに負けず、各々の全力を出し切っていただきたいです。頑張れ!日本!!(^◇^)

 

 ではでは、昨日の続きです。

鳥居をくぐると、青銅製のかっこいい狛犬さんがいらっしゃいます。あまりのかっこよさに写真を撮らせていただきました。

f:id:nico0725:20160822210931j:plain

 

狛犬さんをカメラに納めた後手水舎で手を洗い、急な階段の上にある境内を目指します。

 この階段が本当に急で!!(;´Д`)

運動不足なワタクシ。息を切らしながら登ります。

階段の途中には陶器製の灯籠がいくつか設置してありました。夜に灯したりするのかなあ??

 

そして急な階段を登り切ると、念願の陶器製の鳥居が鎮座していました!

f:id:nico0725:20160822211010j:plain

 

白磁に青色の唐草模様が入っていてとても素敵です(*´ω`)

でもその鳥居、野ざらしに設置してあるのでいろんなところにひびが入っていました。しかも、ひびの入った部分に草が芽吹いているという!!(´◉◞౪◟◉)衝撃!!

陶器にも草って生えるんですね!!そういえば、石製の鳥居にも草が生えていることもありますしね。草の生命力ってすごいですね。

 

 境内には、陶器でできた水瓶や大皿がありました。

驚愕したのは、陶器でできた狛犬さんがいたことですね!古い台座の上に狛犬さんは鎮座していました。

f:id:nico0725:20160822211217j:plain

この狛犬さん、一般的な狛犬とデザインが違っていて少し特殊です。そこはかとなく宇宙人っぽいような、異国めいているような…。←あくまで個人の感想です。(写真の載せ方わかったらそのうち載せます)

 

 後から須山神社を調べてみてわかったのですが、この神社は有田で白磁石を発見し、磁器の加工をした”李参平”という方を祭神として祀った神社だそうです。李参平は有田焼の生みの親といわれているそうです。(その他にも鍋島直茂応神天皇主祭神)が祀られています)

ウィキペディアや神社のパンフレット参考

 

 神様が異国(朝鮮)の方だったから、狛犬さんも異国めいて見えるのかもしれませんね。

 

長くなりますので明日に続きます!(書きたいことが多くてなかなかまとめきれない(;´Д`))